ロゴ

既存住宅における
断熱リフォーム支援事業 /
事業要件の詳細(居間だけ断熱)

事業要件の詳細(居間だけ断熱)

住宅の改修について

戸建 集個

① 改修する居室等と部位について

  • A) 居間の窓全部(ガラスを用いた開口部全て)を必ず改修すること。
  • B) 居間を改修する場合に限り、他の居室(居間と同一空間でないダイニング、キッチン、書斎、和室、洋室)の改修も補助対象となる。
  • C) 導入する窓は、原則、改修する居室の外皮部分(外気に接する部分)全てを改修すること。
  • D) 浴室、トイレ等の居室以外は補助対象とならない。
  • E) 原則、外皮部分(外気に接する部分)のみ補助対象とする。

② 窓の改修について

  • A) 窓の改修工法は、カバー工法窓取付・外窓交換・内窓取付とする。ガラスの改修は補助対象とならない。
  • B) 300×200mm以下のガラスを用いた窓及び換気を目的としたジャロジー窓等は改修対象としない。
    ただし、補助対象製品を用いた改修を行う場合は補助対象としてもよい。
  • C) テラスドア、勝手口ドアは改修対象としない。ただし、ガラスの面積がドア面積の50%以上の補助対象製品を用いてドア交換を行う場合は補助対象としてもよい。
  • D) 集合住宅については、グレードがM6且つ、防火仕様のカバー工法窓を導入する場合は、同一住戸の窓において、グレードがM6のカバー工法窓を用いて改修を行うこと。

③ 玄関の改修について

A)玄関ドアを改修する場合は、次の①~③のいずれかの要件を満たす場合に限る。

  • ① 熱貫流率が4.65W/(m²・K)以下であること
  • ② 戸と枠の組み合わせが表1のとおりであること(注1)
  • ③ 建具内部の断熱材の仕様から①又は②と同程度の性能と判断されること(注2)
    • ∗ 市場投入され、一般に入手できる製品であること
    • ∗ ただし、欄間付き、袖付きは補助対象外とする。(注3)
  • (注1) 熱貫流率を示すことができない場合は、表1の戸と枠の組み合わせの製品とする。
  • (注2) 添付資料から①又は②と同程度の断熱性能があると判断できる場合は対象とするので、事前に財団に相談すること。
  • (注3) 玄関ドアを改修する場合はできるだけ開口部の少ない玄関ドアを採用すること。
(表1)補助対象となる戸と枠の組み合わせ
枠の仕様 戸の仕様
金属製高断熱
フラッシュ構造
金属製断熱
フラッシュ構造
金属製
フラッシュ構造
金属製
ハニカム
フラッシュ構造
金属製
またはその他
複層
ガラス
ガラス
なし
複層
ガラス
ガラス
なし
複層
ガラス
ガラス
なし
複層
ガラス
ガラス
なし
複層
ガラス
ガラス
なし
金属製
熱遮断構造
× ×
樹脂と金属の
複合材料製
× ×
金属製または
その他
× ×
  • ※ 「住宅省エネルギー技術講習テキスト(基準・評価方法論)」令和2年度国土交通省補助事業の表を元に作成

(用語)
【金属製高断熱フラッシュ構造の戸】
金属製表裏面材の中間に断熱材を密実に充填し、辺縁部を熱遮断構造とした戸のうち、戸の厚さ60mm以上のものをいう。

【金属製断熱フラッシュ構造の戸】
金属製表裏面材の中間に断熱材を密実に充填し、辺縁部を熱遮断構造とした戸をいう。

【金属製フラッシュ構造の戸】
金属製表裏面材の中間に断熱材を充填した構造の戸をいう。

【金属製熱遮断構造(建具) 】
金属製の建具で、その枠及び框等の中間部を樹脂等の断熱性を有する材料で接続した構造をいう。

【金属製ハニカムフラッシュ構造の戸】
金属製表裏面材の中間の密閉空気層を紙製又は水酸化アルミニウム製の仕切り材で細分化した構造の戸をいう。

補助対象経費と補助金交付申請額の算定について

戸建 集個

① 補助対象経費の算定

A)補助対象経費は、各改修部ごとの施工面積に基準単価を乗じた金額の合計とする。

補助対象経費(円)=
A)施工面積(m²)×
B)基準単価(円/m²)
  • ・建築図面等を基に表2より算出した施工面積を適用する。
表2 施工面積の算出表
改修部位・改修工法 施工面積
カバー工法窓取付・
外窓交換・内窓取付
導入予定の窓(サッシ)の幅(W)×高さ(H)で求めた面積の合計
なお、集合住宅をカバー工法で改修する場合は、以下の図1をもとに算出すること。
  • ・施工面積を算出する際は、小数点第3位を切捨てること。
施工面積を算出する際は、小数点第3位を切捨てること。

B)基準単価について
補助対象製品のグレード及び改修部位ごとに定めた表2に示す単価をいう。グレードとは財団が各製品を性能値別に区分したもの。

【基準単価表】

表3窓 戸建 集個 (単位:円/m²)
窓の改修(戸建) 窓の改修(集個)
カバー工法窓取付※1
・外窓交換
(樹脂又はアルミ樹脂複合等)
内窓取付 カバー工法窓取付※1
(樹脂又はアルミ樹脂複合等)
内窓取付
グレード
( ) 内はUw値
基準単価 グレード
( ) 内はUw値
基準単価 グレード
( ) 内はUw値
基準単価 グレード
( ) 内はUw値
基準単価
M1
(1.30以下)
60,000 M5
(2.08以下)
30,000 M6
(2.08以下)
※防火仕様は、
2.91以下でも可
50,000 M5
(2.08以下)
30,000
M2
(1.31~1.60)
55,000
M3
(1.61~1.90)
50,000
M4
(1.91~2.08)
40,000

C)玄関ドアの補助率及び補助金の上限額は下表のとおりとする。

住宅区分 補助率 補助金上限
戸建・集合 見積書の金額と15万円のいずれか低い額1/3 5万円

② 補助対象経費の上限額

基準単価を用いて算出した補助対象経費は、補助対象となる高性能建材の導入費用(見積書による補助対象製品の購入費・取付費及びその取付に必要な部材と取付費等)※2を上限額とする。また、補助事業者(申請者)又は補助事業者(申請者)と利害を一にする者が、補助対象製品の調達及び工事等に係る場合は、該当する者の利益相当分を排除した額を上限額とする。

③ 補助金交付申請額の求め方

補助金交付申請額は、補助対象経費の1/3又は上限額のいずれか低い金額の合計とする。
また、算出された金額に1,000円未満の端数が生じた場合には、これを切捨てるものとする。

  • A) 高性能建材
    補助対象経費の1/3又は上限額のいずれか低い金額とする。
  • B) 家庭用蓄電システム
    補助対象経費(設備費)の1/3又は20万円のいずれか低い金額とする。
  • C) 家庭用蓄熱設備
    設備費と工事費の合計の1/3又は5万円のいずれか低い金額とする。
  • D) 熱交換型換気設備等
    補助対象経費(設備費)の1/3又は5万円のいずれか低い金額とする。
  • ※1 財団のホームページに掲載されている「カバー工法窓」を使用すること。カバー工法窓とは、断熱リフォームの補助対象製品一覧に「建具の仕様・改修工法が「○○・カバー(△△)」と記載されている製品のことをいう(○○、△△にはそれぞれ建具の仕様、用途等が入る)。
  • ※2 補助対象経費、補助対象外経費の詳細は財団ホームページの断熱リフォーム公募情報のページのFAQを参照すること。

既設窓について

申請する既存住宅に、交付申請時に既に一部取り付けてある窓が、財団の補助対象製品一覧に掲載されている製品である場合、以下の条件を満たすことで、その部分の改修は要件としないこととする。
ただし、既に取り付けてある窓に係る経費は補助対象外とする。
原則、以下の書類を全て提出すること(交付申請書提出の際に提出すること)。

  • ・建築士による証明書の原本
    • ※財団の補助対象製品一覧に掲載されている製品名、登録番号及び建築士登録番号、建築士の氏名を記載し、押印をした証明書(書式自由)。
  • ・建築士免許のコピー
  • ・該当する製品の出荷証明書
    • ※日付(発行日、納品日、施工日等)、発行先、発行者、製品情報(メーカー名、製品名、登録番号(Mではじまる番号))、数量・サイズ、数値等(複層ガラス中空層の厚さ、ガスの種類)が記載されていること。
  • ・該当する製品のカタログのコピー
    • ※特段の事情により提出することが困難である場合は、申請前に相談すること。
  • ・該当する製品を示した平面図・立面図のコピー
  • ・該当する製品の現況写真

PageTop