住宅・建築物の省エネルギー基準とエコガラスについて

「建築物省エネ法」のポイント

「建築物省エネ法」(建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律)は、平成27年7月1日に成立しました。
「省エネ法」から建築物部門を独立させ、建築物全体の省エネ性能の向上を目的とした新しい法律です。

ポイント1
一次エネルギー消費量は省エネ基準のものさしです
住宅の中で使用される「空調・暖冷房設備」「換気設備」「照明設備」「給湯設備」「昇降機」「事務機器・家電調理等」などの消費エネルギーの総量(一次エネルギー消費量)についての基準が設けられました。また、エネルギー利用効率化設備(太陽光発電設備やコージェネレーション設備)によるエネルギーの創出効果は、エネルギー削減量として差し引くことができます。
ポイント2
住宅の外皮性能は、断熱性能と日射遮蔽性能によって決まります
外皮の基準は、これまでの平成11年基準と同様に、断熱性基準と日射遮蔽性基準が用いられます。ただし、計算式が少し変わりました。これまでは、 熱の損失量や日射熱の取得量を、建物の床面積当たりで評価していましたが、建物の外皮総面積当たりで評価することになりました。これによって 建物の規模や形状による有利不利がなくなりました。また、求められる断熱性などの水準はこれまでとほぼ同じです。

住宅の外皮性能の省エネ基準が見直されました。

ポイント3
全国の地域区分が8区分に細分化されました
従来の、I〜VI の6区分から8区分に細分化され、各地域ごとに外皮の基準、一次エネルギー消費量の基準を定めています。外皮には、断熱性能の基準値と日射遮蔽性能の基準値があり、断熱性能の基準を UA値とし建物から逃げ出す熱の上限値を定めています。日射遮蔽性能の基準はηA値といい、建物に入り込む日射熱の上限値を定めています。
全国の地域区分が8区分に細分化されました
●地域ごとに定められた外皮の基準値

地域ごとに定められた外皮の基準値の表です。

※実際の地域区分は市町村別に定められています。詳しくは国土交通省または(一財)建築環境・省エネルギー機構のホームページをご覧ください。

新省エネ基準では、Q値(熱損失係数)の代わりにUA値(外皮平均熱貫流率)、μ値(夏期日射取得係数)の代わりにηA値(冷房期の日射熱 取得率)が使われます。それぞれが断熱性能の基準、日射遮蔽の基準であることに変わりはありません。

優れた外皮性能が、住まいと健康を守ります。

  • エコガラスの活用事例を募集しています
  • 今日もエコ日和
  • そんなあなたにエコガラス
  • 動画でわかるエコガラス
  • 住宅ストック循環支援事業
  • 住宅・建築物の省エネルギー基準とエコガラス
  • 建材トップランナー
  • 生産性向上設備投資促進税制
  • 省エネリフォーム促進税制
  • リフォーム支援制度検索
エコガラス商品はこちら
お知らせ・お問い合わせ
  • メールマガジンのお申込み・解除
  • メディア掲載のお知らせ
  • お問い合わせはこちら
  • 各種ダウンロードはこちら -パンフレットダウンロード,エコガラスニューズレター,エコガラスへのリンクについて,ロゴマークダウンロード-

ガラスの世界地図

板硝子協会

PageTop

エコガラス