ロゴ

よくあるご質問

よくあるご質問

クエスチョン
「エコガラス」が日本で初めて発売されたのはいつですか?
アンサー
板硝子協会会員各社の中で、Low-E複層ガラスを日本で初めて発売したのは、AGC(株)です。1985年12月に、米国からの輸入Low-Eガラスを使用した「サーモエースペア」という商品を発売しています。(現在この商品は販売されていません。)
クエスチョン
欧米諸国ではLow-E複層ガラスはどの程度普及していますか?
アンサー
板硝子協会の2001年度の調査では、米国ではストック住宅を含めて48%です。欧州では国によって差がありますが、2000年度の調査によると、オーストリアやフィンランドではストック住宅を含めて60%以上です。
クエスチョン
窓ガラスをエコガラスに交換する場合は、サッシごと換える必要があるのですか?
アンサー

窓ガラスをエコガラスに取り換えるだけでも、かなりの省エネ効果が期待できます。
窓全体としては、複層ガラス用の断熱サッシとの組み合わせがベストですが、サッシはそのままで、ガラスだけを交換できるアタッチメントがありますので、現在お住まいの住宅でもエコガラスに交換することができます。

窓ガラスをエコガラスに交換する場合は、サッシごと換える必要があるのですか?

クエスチョン
エコガラスの特殊金属膜とは、どのような膜ですか?
アンサー

酸化亜鉛と銀をコーティングしたものです。この特殊金属膜により、夏は、板ガラスへ入射した日射エネルギーを室外に反射させ、冬は暖房熱を室内側に反射させます。このはたらきが、夏涼しく、冬暖かい快適な環境をつくります。なお、熱は反射させますが、太陽の光は十分室内に取り入れますので、屋内の観葉植物の育成などに影響はありません。

特殊金属膜の説明

クエスチョン
エコガラスかどうか、見ただけでわかりますか?
アンサー

エコガラスマークは、板硝子協会の会員であるAGC(株)、日本板硝子(株)、セントラル硝子(株)の3社のエコガラス商品に運用されます。マークはメーカー毎に選択し、貼付または刻印されていますので、このマークをご確認いただくことで、エコガラスかどうかがわかります。

エコガラスマーク

クエスチョン
「エコガラス」を使うと、具体的にCO2の排出量をどの程度抑制できるのですか?数値で表せますか?
アンサー

板硝子協会の試算では、日本中の住宅の窓ガラスを全てエコガラスに換えた場合、年間で1,700万トンのCO2の削減が可能です。これは、2003年に日本の家庭から排出されたCO2の約10%に相当します。
そして、京都議定書で削減が義務付けられた温室効果ガス全体量の約23%に当たります。

冷暖房費削減シュミレーション

クエスチョン
エコガラスを使用した場合、どの程度省エネ効果とCO2削減効果があるか、試算できますか?
アンサー

「エコガラス省エネシミュレーション」では、お住まいの地域と建物の種類をお選びいただくことで、通常の一枚ガラスをエコガラスに交換した場合のCO2削減量と冷暖房費の削減額を簡単にシミュレーションすることができます。

▶︎エコガラス省エネシミュレーション

クエスチョン
「エコガラス」の価格を教えてください。
通常の一枚ガラスあるいは透明複層ガラスに比べて、どのくらい高いものですか?
アンサー

一般的に見て、3mmの透明板ガラスと3mmのLow-Eガラスの組み合わせの場合、材料代だけで25,000円/m^(2)前後になると思われます。
3mmの透明板ガラスで構成された一般の複層ガラスの1.6倍〜1.7倍程度になります。

クエスチョン
「エコガラス」を使うと暖冷房の効率が上がるということですが、暖冷房費としては、どのくらいのメリットがあるのでしょうか?
アンサー
地域によって気候が異なるため差がありますが、板硝子協会の試算によれば、東京都の一戸建てで年間5万円程度の節約になります。

PageTop