令和2年度 次世代省エネ建材支援事業 補助対象となる対象製品・費用等

補助対象となる対象製品・費用等

補助対象となる製品

本事業で補助対象となる製品は、「対象製品の公募要領」で定めた要件を満たす未使用品として、 SIIに登録されている材料費にかかるものとする。

  • ・断熱パネルは、 施工性を向上するため断熱材と下地材等が一体となったパネルであること。
  • ・潜熱蓄熱建材は、 メーカーが発行している設計チェックシートを提出できること。
  • ・「玄関ドア」、「窓」、「ガラス」、「調湿建材」は、「断熱パネル」又は「潜熱蓄熱建材」と同時に導入する場合に限り補助対象とする。
  • ※1 補助対象製品は、SIIが本事業の対象となり得るとして指定したものであり、補助対象製品改修に係る申請者と施工会社等との契約、施工、製品等の品質・性能、改修完了後の保守や保証、燃料等の調達、知的財産権等をSIIが保証するものではない。万一上記に関する紛争が起きてもSIIは関与しない。
  • ※2 要件については「対象製品の公募要領」を参照。
  • ※3 補助対象製品一覧はSIIホームページを参照のこと。

補助対象となる経費

必須製品
(導入必須となる製品)
要件となる基準
断熱パネル
  • ・「対象製品の公募要領」で定めた要件を満たす未使用品であること
  • ・本事業に登録されている製品であること
  • ※ 断熱パネルとは、施工性を向上するため断熱材と下地材等が一体となったパネル。

任意製品要件となる基準
断熱材
  • ・未使用品であること
  • ・令和2年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業に登録されている断熱材で、グレードがD1の製品であること
防災
ガラス窓
カバー
工法窓
  • ・未使用品であること
  • ・本事業で公表されている外窓もしくはカバー工法窓(内窓を除く)であること
  • ・窓に用いるガラスは、JIS認証(JIS R 3205)を取得した合わせガラスであり、
    且つ中間膜の厚さが60mil(1.52mm)以上のものであること

    例) ガラス仕様が「複層」の窓においては、「フロートガラス等」と要件を満たした
    「合わせガラス」の複層ガラスを用いること

合わせガラス(JIS R 3205) フロートガラス等 中間膜(60mil(1.52mm )以上) 中空層(SIIに登録されている厚さ以上) スペーサー  採用予定のガラスの総厚を確認し、申請する窓に取付可能であるか必ず確認すること
外窓
カバー工法窓
  • ・「対象製品の公募要領」で定めた要件を満たす未使用品であること
  • ・本事業に登録されている製品であること
外窓
(防火仕様)
内窓
玄関ドア
調湿建材
  • ※ 本事業で対象とある「防災ガラス窓」の合わせガラスは、「防災安全ガラス」の中で中間膜の厚さが60mil(1.52mm)以上のものとなります。「防災安全ガラス」の詳細はこちらを参照ください。

●:いずれか一方の導入でも補助対象とする。
○:必須製品と同時に導入する場合に限り補助対象とする

補助率、補助金の上限額・下限額、 補助対象経費について

  • ① 補助率
    補助対象経費の1/2以内とする。
  • ② 補助金の上限額
    戸建住宅 : 1住戸当たり200万円
    集合住宅 : 1住戸毎に125万円
  • ③ 補助金の下限額
    戸建住宅、 集合住宅 : 1住戸当たり20万円
  • ④ 補助対象経費について
    • ・補助対象経費の合計は1住戸当たり40万円以上であること。
  • エコガラスの活用事例を募集しています
  • 今日もエコ日和
  • そんなあなたにエコガラス
  • 動画でわかるエコガラス
  • 次世代住宅の新築またはエコリフォームで次世代住宅ポイント
  • 令和2年度 次世代省エネ建材支援事業
  • 令和2年度高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)
  • 住宅・建築物の省エネルギー基準とエコガラス
  • 建材トップランナー
  • 省エネリフォーム促進税制
  • リフォーム支援制度検索
エコガラス商品はこちら
お知らせ・お問い合わせ
  • メールマガジンのお申込み・解除
  • メディア掲載のお知らせ
  • お問い合わせはこちら
  • 各種ダウンロードはこちら -パンフレットダウンロード,エコガラスニューズレター,エコガラスへのリンクについて,ロゴマークダウンロード-

エコガラス事例集 PDF版ダウンロード

TOG-G

ガラスの世界地図

板硝子協会

建産協の「ZEHのつくり方」付属の「製品リスト」に記載されている「窓ガラスの製品リスト」

PageTop

エコガラス