事例紹介/リフォーム

ようこそ、我が家へ 〜借景を利用した こだわりの住まい〜

開口部にこだわった新築レポート -遊び心が見え隠れする家 東京都 M邸-


窓は、単なる家のパーツではありません。光の取り込み、風の通り道、断熱・防音、眺望、インテリアetc……と、 生活を快適に保つさまざまな役目をあわせもっています。そう、開口部にこだわるということは、生活にこだわるということ。 そんな生活にこだわるご家族のお住まいを拝見しました。


今月の家を手がけた建築家:今野 政彦


取材企画協力:OZONE家づくりサポート
<建築家選びから住宅の完成までをコーディネートする機関です>

敷地の特徴を生かした明るい家

玄関テラスは西側。大きな窓はすべてエコガラス。

玄関テラスは西側。大きな窓はすべてエコガラス。

敷地の奥から入り口を望む。空がたくさんみえて開放感がある。

敷地の奥から入り口を望む。空がたくさんみえて開放感がある。

窓から見える緑は隣の庭。まさに借景の恵みです。

窓から見える緑は隣の庭。まさに借景の恵みです。

階段の踊り場から見下ろす。縦長に配置された窓からの光と緑が美しい。

階段の踊り場から見下ろす。縦長に配置された窓からの光と緑が美しい。

繁華街から徒歩圏の閑静な住宅地にあるM邸。ちょっと入り組んだ場所にあるいわゆる旗竿といわれる形の敷地に建つ、隠れ家のようなたたずまいの家です。景観を大事にする区域でもあり、建築条件が厳しいのですが、それだけに高い建物も少なく、住環境は最高です。

この土地になんとか明るい家を建てたいと、建築家の今野先生に設計を依頼したM様ご夫妻。当初は1階に寝室などのプライベートスペース、2階にリビングという間取りを思い浮かべていたといいます。ところが今野氏はこの場所を見て「南北は隣の家が迫っているため、大きな開口を設けることはできない。一方、西面には隣地のゆたかな緑があり、広さからいって将来宅地として売りに出される可能性は少ない」ことから、この緑をうまく借景として取り入れた1階リビングの、現在の間取りを提案したそうです。

思いきり西側に開いた家にするために、西側に大きな窓をすえました。光は西の窓の他、高い位置や階段回りの縦長の窓などで充分な採光がとれると判断したそうです。

近隣に光を遮るようなビルもないこともあり、明るい光が入り込み、日中に照明が必要なのは悪天候の日くらいだとか。まさに、ご夫妻が最初に土地を見たときの心配がうそのような明るい家です。

しかも、奥まった場所で、通りからはほとんど家の中は見えず、プライバシーもしっかり守れます。しかも、要所に窓があり、高い位置の窓は電動で開閉するので、夏は風も十分通ります。

もちろん、窓はエコガラス。夏の西日を防ぎ、冬の冷気を防ぐには、ガラスが大事というのは今野氏とMご夫妻の共通の考えだったそうです。
「多分普通のガラスだったら夏は暑くてたまらなかったかも?」と奥様。


大空間でなくそれぞれの空間を最大限に生かした間取り

最上部にあるフリースペース。将来は子供部屋になる予定。

最上部にあるフリースペース。将来は子供部屋になる予定。

シンプルなつくりなのでファブリックが効果的なアクセントに。

シンプルなつくりなのでファブリックが効果的なアクセントに。

2階の南側にある清潔なトイレスペース。

2階の南側にある清潔なトイレスペース。

M邸は、玄関を入ると北側にリビング、少し段差をあがって南面にダイニング、その東側にキッチン、そしてリビングの奥の東面に沿って階段があります。2階は、バスルーム、一段上がったところにフリースペースとご夫妻の寝室という間取りです。

六歳の息子さんと3人で暮らすなかで、それほど多くの部屋を望まなかったものの、それぞれのスペースをゆったり居心地よくしたかったというM様。

M邸では、フラットにして大空間を作るのではなく、それぞれの空間ごとに壁の色や床材などを変えてメリハリをつける方法をとりました。そのために一役買っているのが段差。メリハリがつくだけでなく、リビングの床を少し低い位置にしたことで3メートル以上もの高い天井が実現しました。


お気に入りをとことん探しながら家づくりを楽しむ

玄関正面のダイニングは一段上がった場所に。仕切りのカーテンの赤がキレイ!

玄関正面のダイニングは一段上がった場所に。仕切りのカーテンの赤がキレイ!

2階にあがって西を向いたらこんな光景。左手のM様ご夫妻が選んだ特別な「赤」のアクセントが楽しい気分にさせてくれる。

2階にあがって西を向いたらこんな光景。左手のM様ご夫妻が選んだ特別な「赤」のアクセントが楽しい気分にさせてくれる。

M様お気に入りの階段。素材やコンセプトの提案は今野氏、塗装や仕上げはM様ご夫妻と、お三方の共同作品のようなもの!

M様お気に入りの階段。素材やコンセプトの提案は今野氏、塗装や仕上げはM様ご夫妻と、お三方の共同作品のようなもの!

お気に入りをならべてすっかりMさんの空気にあふれたリビング。

お気に入りをならべてすっかりMさんの空気にあふれたリビング。

インテリアなどに造詣が深いM様ご夫妻。拝見すれば拝見するほど、ご夫妻のこだわりが見えてきます。

まず、ダイニングの白い壁と床の空間からつづく1階のトイレの壁。なんともいえないくらいかわいいピンク色!1階のトイレはピンク色がいいなと思った奥様、どうしても気に入った色が見つからず、ペンキを各方面でさがし、結局海外の色見本帳をもとに調合してもらったとか。

エコガラスもメーカーごとに色合いが微妙に異なるので、見比べて好みのメーカーにしたそうです。また、階段のラワン材の踏板はM様が探し出してきたお気に入り。

さらに玄関を入ったところにある間仕切り兼収納の家具は、今野氏がデザインして内部をM様ご夫妻がペンキで色分けして仕上げたとか。

このようにM様ご夫妻は既製のものでどうしてもしっくりこない部分は、じっくりと好きなものをさがしたり、作ったりなさっています。素敵なのはそのプロセスをとても楽しまれていること。そういう細部へのこだわりにも対応できるのが注文建築のいいところです。

「Mさんご夫妻は色々勉強して話をもってきてくれるので、ぼくも勉強になって楽しかったですよ」と今野氏。家を建てることになってから、文字通り今野氏とMご夫妻が二人三脚で2年ほどかけて竣工したM邸。

一昨年の秋の終わりに引っ越してから、好きなものを厳選のうえ買い足したり、ファブリックを活用したりと、住まいづくりを楽しんでいるご様子です。

「引き渡したときは、家はまさに素の状態。今ではすっかりMさんの色に染まってきていますよね」と今野氏。

暮しを楽しむ気持ちがたっぷりあるご夫妻のこと、これからこのシンプルでゆったりした家を、さらに"M家仕様の我が家"にカスタマイズさせ進化させていくことでしょう。


家づくりのプロに質問!
Q. 家づくりを成功させるための、打ち合わせのポイントは?

家づくりは長丁場。その間ずっと「いい家をつくりたい」という情熱、そしていざとなったら「優先順位をつける」勇気をもっていてほしいですね。

家づくりは長丁場。その間ずっと「いい家をつくりたい」という情熱、そしていざとなったら「優先順位をつける」勇気をもっていてほしいですね。

希望を伝えるにあたって、細かな仕様をリストアップするのも大事ですが、最もつかみ取りたいのは、施主様がどんなライフスタイルなのか、どんな住まい方がしたいのかということです。希望の仕様を積み上げるだけならだれでもできますが、ぼくは、その人の生活や生き方によりあった住まいを作りたいと思っていますので、雑談のような会話も大事にします。どんなことでも躊躇せずに話をしてほしいですね。


今月の家を手がけた建築家:今野 政彦 取材企画協力:OZONE家づくりサポート <建築家選びから住宅の完成までをコーディネートする機関です>

バックナンバーはこちら

PageTop

  • エコガラスの活用事例を募集しています
  • 今日もエコ日和
  • そんなあなたにエコガラス
  • 動画でわかるエコガラス
  • 住宅ストック循環支援事業
  • 住宅・建築物の省エネルギー基準とエコガラス
  • 建材トップランナー
  • 生産性向上設備投資促進税制
  • 省エネリフォーム促進税制
  • リフォーム支援制度検索
エコガラス商品はこちら
お知らせ・お問い合わせ
  • メールマガジンのお申込み・解除
  • メディア掲載のお知らせ
  • お問い合わせはこちら
  • 各種ダウンロードはこちら -パンフレットダウンロード,エコガラスニューズレター,エコガラスへのリンクについて,ロゴマークダウンロード-

エコガラス事例集 PDF版ダウンロード

ガラスの世界地図

板硝子協会

エコガラス