工務店・ガラス店のみなさま/スペシャルインタビュー

高断熱住宅は本物。だからブレない(後編)

新井政広(あらい・まさひろ)
大学では化学を専攻、卒業後は大手材木商で木材輸入等を担当。83年(株)アライ入社。89年より高断熱・高気密住宅づくりに取り組み始める。2003年社長就任。Q値1.0前後という高い断熱性能を持つ"Q-1住宅"を数多く手がけ、高断熱住宅づくり全国トップクラスの実力派工務店として知られる。穏やかな物腰と、点検のため長身を折って床下や天井裏に自ら入る誠意あふれる仕事ぶりにファンは多い。新木造住宅技術研究協議会所属、2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会(HEAT20)委員。


地域の仲間に、設計者に、技術情報を伝授・共有

断熱リフォームを手がけた前橋市の住宅。厚く断熱材を入れた外壁とエコガラスの二重窓の調和。
仕事の合間を縫って、雑誌や書籍の執筆も手がける。講演の類は?「ないない」と手を振って笑った。

――断熱住宅はとても今日的な技術だと思いますが、情報収集はどのようにされていますか。

HEAT20という、国の委員会に出ているのが大きいですね。最近では断熱改修の工法について一生懸命やっています。
IBEC(財団法人建築環境・省エネルギー機構)に行けばいろんな情報が拾えますし、懇意にしているメーカーの方から、新しい情報が掲載されたウェブサイトについて連絡がもらえることもあります。

――逆に、発信する側としてのご活動は。

ひと月に一度、地域の業者さんが集まる会議が商工会議所であり、そこで話をしています。最近では被災地を視察したときの写真を発表して、お互いにどう思うか話し合ったり。これも情報交換ですね。

設計事務所に呼ばれて、断熱住宅をつくるための図面の描き方を説明することもあります。柱の入れ方、この方向は必ず通してほしいという話から、描かれた図面を見て「これだと気密が取れないよ」といった話を。

――住宅の構造から断熱材の入れ方まで設計者に教えるんですか?

断熱住宅をつくり始めた当初は、設計士さんを呼んではしょっちゅうやっていました。「断熱はこうやらないとダメ」という話から、2×4をやっていた人もいたので柱の入れ方まで。
構造図をうまく描けない設計士さんもいたんですが、私はいわゆる「平面図を見て図面を描き、住宅をつくるやり方」を現場で全部教えられ、鍛えられていたんですね。ちゃんと住宅をつくるにはここに梁を入れなさいとか、そういった基本が身についています。これは教えてもらえば誰でもできるんですよ(笑)


使う以上のエネルギーをつくり出す「超省エネ住宅」をめざす

全国各地で測定された年間日射量やエネルギー使用量のデータを前に見せる、研究者の横顔。

漆喰と腰板の外壁、深い軒、樹脂サッシ窓が印象的なアライ本社社屋でも、継続的な断熱データを収集中。

――仕事の現場以外に、最先端の断熱技術の調査・研究にも携わっておられますね。

新木造住宅技術研究協議会(新住協)というNPOの会員です。

――新住協は工務店や設計事務所、建材・設備業者の会員が全国規模でオープンな技術交流をしているNPOですが、具体的にはどんな研究活動を。

代表である室蘭工業大学の鎌田紀彦教授との共同研究で、実際にある高断熱住宅に温湿度やエネルギー消費を計測する機器を設置し、通年でデータを集めて分析・研究しています。断熱化すれば、誰がみても冬はいいですよね。じゃあ夏はどうなの? ここを知りたいというわけです。

――外の冷気を遮断してくれる断熱材が、夏は逆に室内の熱をため込んでしまうのでは、ということですね。

こういう議論は常にありますが、使い方によるんですよ。だからこそ多くの情報や研究結果を広く知らしめていかないと、と思うんですね。

――とても高いレベルの省エネ住宅についても、研究しておられます。

新住協で、LCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)の住宅づくりに取り組んでいます。
以前つくった断熱住宅にオール電化で太陽光発電パネルを屋根に載せた家があり、この家の使用エネルギー量をCO2発生量に換算すると、マイナスになっている可能性があるとわかったんですよ。

――高断熱化と太陽光発電で使用エネルギーを全部まかなえる家、という意味ですね。それが現実化しつつあると。

今は、発電量その他の正確なデータを取って分析を始めようとしている段階です。
ちょうど、自分たちが建てさせてもらっている住宅にどれだけのエネルギーが必要で、逆にそのエネルギーをつくるとしたらどんなやり方が最適なのかを、考えて勉強する必要があると思っていました。会社のテーマとしても設定していて、そんなタイミングでの取組みになっています。


方針を変えず、責任を持つ。ブレない姿勢に集まる信頼

群馬県産の杉材・檜材を多用した社屋内部。最先端の省エネ住宅づくりの拠点は、自然素材にもこだわっている。
時間を見つけては東北に足を運び、被災地の復興に心を砕く。

――同業者はもちろん、多くのお客さまからも御社は厚い信頼を受けておられます。その秘訣は?

「変えないこと」だと思います。方針を変えない、それによってお客さまの目が少しずつ変わっていったということではないでしょうか。

――流行りすたりでブレることなく、高断熱一筋に研究・勉強しながら建て続けることで「アライの断熱住宅」が自然に広がっていく、と。

だからこそ、責任を持ちたいと思いますよね。

――HEAT20では、2020年までにすべての新築住宅をLCCMにすることをめざしています。新井さんの予想が現実になる日が近づいてきたのでは。

建設時のエネルギーのことや日本の法律の規制を考えれば、まだすごい山を登らなければならないですよ(笑)

――達成感は、いつ頃味わえそうですか?

今取り組んでいるLCCM候補住宅のデータ分析・研究が進んで独自の指標が出てくれば、自分たちとしてはちょっとゴールが見えてきたかな、というのがありますね。
使っているエネルギーと自分でつくるエネルギーとが年間でペイしてしまう、そんな高断熱住宅がつくれればね。それでなんとか、というところかなあ。

だけどやっぱり「断熱住宅はこんなにあったかいんだね。よくつくってくれてありがとう」というお客さまの言葉が、一番ありがたいですよ。
…あとはコストのバランス。もうちょっと安くできたらいいよね!(笑)


取材・文:二階幸恵
撮影:中谷正人
株式会社アライ
株式会社アライ
群馬県高崎市
社員数 8名
断熱住宅新築/改築・木材販売・炭販売・材木業

バックナンバーはこちら

PageTop

  • エコガラスの活用事例を募集しています
  • 今日もエコ日和
  • そんなあなたにエコガラス
  • 動画でわかるエコガラス
  • 住宅ストック循環支援事業
  • 住宅・建築物の省エネルギー基準とエコガラス
  • 建材トップランナー
  • 省エネリフォーム促進税制
  • リフォーム支援制度検索
エコガラス商品はこちら
お知らせ・お問い合わせ
  • メールマガジンのお申込み・解除
  • メディア掲載のお知らせ
  • お問い合わせはこちら
  • 各種ダウンロードはこちら -パンフレットダウンロード,エコガラスニューズレター,エコガラスへのリンクについて,ロゴマークダウンロード-

エコガラス事例集 PDF版ダウンロード

ガラスの世界地図

板硝子協会

エコガラス