工務店・ガラス店のみなさま/スペシャルインタビュー

木と住宅にこだわる材木屋のDNA(前編)

小城清二郎(おぎ・せいじろう)
1953年生まれ。一級建築士。
大学建築学科を卒業後、大手不動産会社で集合住宅や戸建住宅の設計を担当。1998年、実家である大竹市の老舗材木商(株)小城六右衛門商店内に、建築設計部門としてリファインおおたけを開設。店長としてスタッフを束ねつつ自ら設計図面を引き、顧客折衝から施工監理まで全業務の先頭に立つ。「トータルにすべてを見ることで、"自分のもの"としての愛着を持てる。そんな家を提供したいという気持ちがあるんです」


創業130余年の材木商で始めた建築設計・施工の道

――サラリーマン時代は、住宅の設計をされていたそうですね。

不動産会社で主にマンションや戸建住宅のプランをつくっていました。
結構実験的なものも企画させてもらい、小規模の支店にいたときは設計以外に営業や近隣交渉まで、とにかくなんでもやりましたね。

――35才で故郷の大竹市に戻り、その後ご実家である材木商の設計部門として「リファインおおたけ」を立ち上げ、リフォームや新築の設計を始められました。

材木の販売のほかに建築も始めるということで、家に戻ってきたんです。高齢化で地場の工務店さんが減り、自分らで仕事を作っていかなければ生き残る術がない、という状況がありました。

大竹市の世帯数規模の場合、リフォームだけではペイしないので、新築や外構の設計、造作家具まですべてやります。置かれた地域の環境や地勢によって左右されるんですよね。
不動産会社で渉外や営業にも携わった経験が、今では血となり肉となっています。


自由な開口への思いと木造の合理性とのはざまで

1階がコンビニエンスストアだった2階建店舗兼住宅をデイサービス施設に全面改修。天井には消臭効果のあるモミ材を張り、畳スペースはリハビリを考慮した高さに。見える範囲で50%程度の木材を内装に使っている。

――窓や開口部に対しては、どのようなお考えをお持ちでしょうか。

自由な開口部がいいなあとは思いつつ、木造住宅はまず構造的に合理性を持っていなければならないので、耐力壁とのからみでいつも悩んでいます。
ケースバイケース、あえていえば「バランス」ですね。壁を優先するときもあれば、他で調整して窓を自由にとることも。
単純に角を耐力壁にしてまん中に窓を持ってくるのではなく、もっと自由に、と思っています。

窓から風景や季節感を取り入れることで、家の居住性を高めることもできますね。

たとえば大竹市では、毎年11月になると宮島の上に輝くオリオン座が見えるんですよ。そんな風景を取り込む窓、「その家でしか得られない何か」が住まい手の生活にいいものを与えてくれる。
良い居住性とは、そういう「人の感性に訴えかける」面もあると思います。

――手がけられる設計・施工の事例は、新築・リフォームを問わず常に「日本家屋のよさを取り入れながら現代の生活に合うように」との思いが感じられます。

永遠の課題ですが(笑)
ここ20~30年の日本の家は室内を区切りすぎたかな? と思うんです。

なのでもう少し、昔日本人が持っていた家、建具をバーッと開ければ風が抜けて、そこに家族のコミュニケーションも形となって現れる家を。
極端に言えば「昔の田の字型」で、とりとめのないような(笑)家を、気持ちとしてはいつもつくりたいな、と。もちろん、区切りたいときはいつでも区切れる、そういう感覚でね。


住宅の省エネをコントロールする、エコガラスは有効な手段

50年間使われてきた台所を明るく暖かい現代的なキッチンにリフォーム。窓はペアガラスに交換し、張り替えた壁に断熱材を充填。建具もすべてやり換えた。

――窓まわりのエコリフォームの依頼などは多いですか。

窓のリフォームはよくやりますよ! でも広島は気候的に寒くないので、断熱よりも「隣にマンションが建っちゃったから目隠ししたい」とか「西日を防ぎたいんだけど」といったケースの方が多いですね。

エコガラスについては、全部の部屋に使うことはないと思いますが、ケースバイケースでいろんなところに使いたいと僕は思っています。

――比較的気候の穏やかな土地で、エコガラスを選ぶ理由はなんでしょう。

高齢者には寒い家は無理ですよ。遮熱のこともやはり考えますね。あと、ガラスに色がついていると外から中が見えにくいし、高級感も出て今までと違って見えるでしょう(笑)

何より、住宅を省エネ的にコントロールできるのは、こういうものしかないんですよね。
エアコン等以外でなるべくエネルギーを使わないようにするにはどうしたらいいかと考えたら、庇を伸ばして日差しを遮ったり、障子をたてるといった「熱環境をコントロールする手段」のひとつとして、エコガラスは必要だと思うんです。


取材・文:二階幸恵
撮影:渡辺洋司(わたなべスタジオ)
リファインおおたけ
リファインおおたけ 広島県大竹市
社員数 5名
住宅の新築と増改築の設計・施工

バックナンバーはこちら

PageTop

  • エコガラスの活用事例を募集しています
  • 今日もエコ日和
  • そんなあなたにエコガラス
  • 動画でわかるエコガラス
  • 住宅ストック循環支援事業
  • 住宅・建築物の省エネルギー基準とエコガラス
  • 建材トップランナー
  • 省エネリフォーム促進税制
  • リフォーム支援制度検索
エコガラス商品はこちら
お知らせ・お問い合わせ
  • メールマガジンのお申込み・解除
  • メディア掲載のお知らせ
  • お問い合わせはこちら
  • 各種ダウンロードはこちら -パンフレットダウンロード,エコガラスニューズレター,エコガラスへのリンクについて,ロゴマークダウンロード-

エコガラス事例集 PDF版ダウンロード

ガラスの世界地図

板硝子協会

建産協の「ZEHのつくり方」付属の「製品リスト」に記載されている「窓ガラスの製品リスト」

エコガラス