工務店・ガラス店のみなさま/スペシャルインタビュー

こまやかな環境提案で山形の笑顔をつくりたい(後編)

五十嵐慶三(いがらし・けいぞう)
1955年生まれ。竹原屋本店代表取締役。
江戸期の北前船による海運業をルーツとし、明治時代に硝子問屋として創業した竹原屋本店を2002年より引っ張る三代目。本業のほか、エコガラス チームやまがた、山形県サッシ・ガラス協同組合、山形県地球温暖化防止活動推進員、くらしのエコアドバイザー、山形うちエコ診断員等、多くの活動団体に参画し、窓・ガラスの専門家として山形の環境・生活文化の向上に向け東奔西走する毎日。


故郷・山形にとことんこだわって


「盆地という土地柄、北国でも夏の暑さが厳しい山形の気候に合わせて遮熱エコガラスに特化したブランド・さくらんぼガラス。冬はまだしも、夏はやっぱりエアコンをつけたくないので、これしかないな、と(五十嵐さん)」

――山形の気候風土にマッチしたエコガラスを『さくらんぼ』とネーミングし、県内での普及をめざす取組みが注目されていますね。

夏の暑さが厳しい山形に向く遮熱エコガラスを基本に、色やガラスの組み合わせもある程度限定し、山形仕様として量産体制を敷きました。
名前は山形の特産品にちなみ、レーザーでマークも刻んでいます。

――地元に寄せる思いには、並々ならぬものを感じます。

山形が好きなんですよね。お米などの農産物をはじめとする豊かな食材から気候風土まで、天の恵みがこれだけある県にはなかなかお目にかかれませんよ(笑)

「県民性」への思いもあります。
我慢強くて、家族同士の絆がすばらしいんです。エコガラスの普及面でも、お試しで体験した方のリピート率が高く、生活スタイルに対する向上心が見られます。
がむしゃらではなく、先祖から受け継いだものを徐々によい方向に変えていく。それが山形の生活法則です。

そんな生活文化と気候風土に根ざした山形の住まい、昔ながらの「縁側」の良さや窓との関わり方も考えた、生活者に喜ばれる窓づくりをしたい。
長年地元で培った自分自身の体験に基づく提案で、エコガラスの本当の魅力や本物志向の価値観を見せていきたいですね。


地元に根付く仲間との連携プレー



竹原屋本店の提案を受け、大規模な省エネ改修を行った山形建設(株) 本社社屋(写真上)。合計300m2 近い開口 部すべてをエコガラスでリフォームした。工事前から施工完了後も室温の測定・データ収集を続け(写真下)、事業所エコ改修の効果の実証に協力する。

――常に山形のライフスタイルに密着した提案をなさっています。

会社を継いだ時点から、提案型のスタイルを貫こうと思い続けています。でも、まだやりきれていない部分があるんです。
例えば住宅診断のひとつの目安として住宅性能値の比較をしていますが、これはともすれば単なる数合わせ的なものになりがち。住まい手の生活観や独自性、こだわりや工夫が見えてこないところには、落とし穴があると思っています。

住まいの温熱環境に関する地元の専門家を集めたワーキングチームで、診断・家づくり提案をしていくような仕掛けが必要だと思いますね。そういうNPOをつくりたい。

――異業種の専門家集団によるNPOですね。

人の役にたちたいと思っている人たちには、必ず出会いがあります。そんな異業種のメンバーが集まって情報を交換・共有しながらブラッシュアップしていく場ですね。
山形からの省エネ情報発信、山形バージョンの生活提案を実現する!大事なことだと思います。

――国土交通省の建築物省エネ改修推進補助事業に採択され、今年2 月に行ったオフィスビルの省エネ改修も、山形を代表する企業の本社社屋を対象とする提案でした。

以前から事業所向けのエコ改修提案をやりたいと思っていたところに、事業提案公募の発表があったのです。
さっそく、地元の有力企業として常に先進的な役割を果たしておられる取引先の会社さまに、社屋の窓全部を対象にした大規模エコ改修を提案しました。
もともと地域への気遣いと積極的な環境活動で知られる優良企業で、エコでも防災でもガラスはキーポイントになる素材だから率先してやってみたい、とのご返事をいただいて・・・ありがたいことです。

――山形に根ざし、地域への貢献を一義とする両者がつながることで実現した、地元の連携あっての事業だったんですね。


心に花を持ち、地域の良い環境と笑顔をつくる

――山形を舞台に、今後はどのような取組みをされていくのでしょうか?

生活信条がありましてね。
「心華」いつも心に花を。忙しいと心を亡くし、慌ただしいと心が荒れます。心の中に一輪の花を持って生活する、そんな生き方をしたいものです、という。

自然体で生きるには、例えば電力や化石燃料に頼らず太陽熱を有効利用することも大事ですよね。エコガラスへの窓の交換は、そのとき最高に効果的な方法でしょう。

だから、エコガラスは売れますよ(笑) テクニックなんて要らない、いい商品は必ず売れるから。いずれは県内全部がエコガラスになるんじゃないかなあ。そう思っているんですよ。


取材・文:二階幸恵
撮影:中谷正人
株式会社竹原屋本店
株式会社竹原屋本店 山形県山形市
社員数 38名
ガラス・建具・鋼構造物工事業

バックナンバーはこちら

PageTop

  • エコガラスの活用事例を募集しています
  • 今日もエコ日和
  • そんなあなたにエコガラス
  • 動画でわかるエコガラス
  • 住宅ストック循環支援事業
  • 住宅・建築物の省エネルギー基準とエコガラス
  • 建材トップランナー
  • 生産性向上設備投資促進税制
  • 省エネリフォーム促進税制
  • リフォーム支援制度検索
エコガラス商品はこちら
お知らせ・お問い合わせ
  • メールマガジンのお申込み・解除
  • メディア掲載のお知らせ
  • お問い合わせはこちら
  • 各種ダウンロードはこちら -パンフレットダウンロード,エコガラスニューズレター,エコガラスへのリンクについて,ロゴマークダウンロード-

エコガラス事例集 PDF版ダウンロード

ガラスの世界地図

板硝子協会

エコガラス