エコガラスレター VOL.51
換気扇にエアコン、お風呂のタイルに網戸……。そう、今月は大そうじのお話です。
もちろんECO GLASS LETTERですから、当然、おそうじもエコにこだわりたい。
というわけで「エコそうじ」をご紹介したいと思います。

使うのは、重曹とビネガー。洗剤を使いませんから、川や海を汚しません。
しかも口に入れても安全なので小さなお子さんがいるお宅にもオススメです。

まずは、キッチンのタイルの油汚れ。濡らしたフキンに重曹をもみこんで拭くときれいに落ちます。三角コーナーや排水溝は、ビネガーとの合わせ技で。重曹を振りかけてその上からビネガーをたらします。発泡したら熱いお湯をかけてスッキリ!これ、お風呂の排水溝にも使えます。洗面台は水で2〜3倍にうすめたビネガー水をスプレーして布で拭き取ります。シンクには、重曹を振りかけて水を含ませたスポンジで洗えばきれいに。
最後に窓ガラスのお掃除は、水をスプレーした後、新聞紙で拭くとピカピカになりますよ。

家中きれいにして、気持ちよく新年を迎えたいですね。少し早いですが良いお年をお迎えください。

「冷気を感じさせない家に」リフォームレポートアップ!
今回ご登場いただいたのは埼玉県のY邸です。

リフォームしたのは昨年12月。リビングダイニングを始めとする窓ガラスを単板ガラスからエコガラスへ交換。
たった1日で工事は終了し、「それまで19℃だった設定温度では暑すぎ、16℃で大丈夫になりました」。

悩みだった結露問題も解消したというY邸のエコリフォーム、詳しくはHPをご覧ください。
チェックしたい方は、こちら
「冷気を感じさせない家に」リフォームレポートアップ!
「独自のチラシにエコガラスのマークを入れたい」「ホームページにエコガラスの解説図を入れたい」。そんなみなさんの声にお応えして、エコガラスに関するデータのダウンロードサービス」をスタートしました。

エコガラスの各種ロゴマーク、解説図などをダウンロードすることができます。販促用チラシやホームページなどで、ぜひご活用ください。

ダウンロードページメニュー
ロゴマーク等各種データのダウンロード申請はこちらから
「冷気を感じさせない家に」リフォームレポートアップ!
「僕は建築を基本的に『穴』だと捉えているんです。自分の身体がその穴の中に守られていて、その穴を通じて外の世界につながっていくものだって思っているんです」

―第一線で活躍する建築家のみなさんのインタビュー企画がスタートしました。
初回にお話を伺ったのは、あの隈研吾さん。
エコガラスHPでしか読めないインタビュー、必読です。

建築家のみなさまページ
チェックしたい方は、こちら
テキスト版をご希望の方、配信停止をご希望の方は下記事務局アドレスよりご連絡ください。
「エコガラスレター」に掲載されている
全ての記事、文章等の無断転載を禁止します。
情報の転載を希望する場合は、下記事務局アドレスまでお問い合わせください。
「エコガラスレター」に対するご意見、ご感想、ご要望がありましたらお気軽にメールでお寄せください。
板硝子協会エコガラス事務局 magazine@ecoglass.jp

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.