エコガラスレター VOL.47

簾(すだれ)が夏の風物詩だったのは、はるか昔のこと。今では、すっかりレアアイテムになってしまいましたが、簾こそジリジリ暑いこの季節を快適に、エコに過ごすための日本人の知恵。ぜひとも復活させたいアイテムです。

どこが優れているのか? まず、カーテンやブラインドが日光の熱を室内側に発してしまうのに対して、簾は室外に吊すため余分な熱を取り込みません。 風通しに関しても同様。網戸をふさいだりして換気を妨げるカーテンに比べて、簾は窓から数十センチ離してつけるので風通し抜群。霧吹きで水をかけるとさらに効果的です。

また、中から外はよく見えるのに、外からはほとんど見えないという目隠し効果もあります。風情があって涼しげなビジュアルも大きな魅力ですよね。国産から外国産、ハイテク素材を使ったものまでいろいろな簾が揃っています。予算にあわせてお気に入りを選んではいかがでしょう。

夏限定ページ新設。どうなる!エコ家の夏!?
住宅エコポイント制度に各種減税措置、フラット35sなどのローン制度。エコハウスの新築やエコリフォームをする際に利用できるお得な制度は、それだけではありません。独自に助成制度を設けている自治体があるのです。お住まいの自治体が助成制度を設けているか分からない方は、エコガラスのHPをチェック。調べたい自治体の助成制度をカンタン検索できます。HPトップページの「エコポイント以外のお得な制度」からどうぞ。
チェックしたい方は、こちら
「エコリフォームでRe-Home!」最新版アップ!
7月の「ようこそ、我が家へ」では、建築家のご自宅をレポートしています。木材を多用した親しみやすい雰囲気と、雨の日でも昼間は照明がいらない明るさに満ちた、ご夫妻が「なごみの空間」と呼ぶお住まいです。今回のレポートで目からウロコなのが西日の活用法。「使い方にもよりますが、うまく使えば西日の光は割と良いのです。あまり嫌わない方がいいんですよね」。果たして、やっかい者の西日をうまく使う極意とは?
チェックしたい方は、こちら
ティータイムのエコ・ストーリー
あなたの家の窓ガラス、泣いていませんか?
オールシーズン見かけるトマトですが、おいしくなるのは、なんといってもこの季節。ちなみに標題の言葉はギリシャ時代のもの。その言葉通り、夏のトマトは栄養たっぷり。高血圧の治療にも用いられているカリウムや、老化の原因である活性酸素を退治してくれるリコピンのほか、ビタミンA、C、コラーゲンをつくるビタミンH、Pも含んだ、スーパーベジタブルです。最後に簡単なデザートレシピを。湯むきしたトマトにレモン汁、砂糖を加えてフードプロセッサーにかけ冷凍庫へ。固まったら再度プロセッサーにかければ、フレッシュなトマトシャーベットの完成。夏の滋味いっぱいのデザートです。
テキスト版をご希望の方、配信停止をご希望の方は下記事務局アドレスよりご連絡ください。
「エコガラスレター」に掲載されている
全ての記事、文章等の無断転載を禁止します。
情報の転載を希望する場合は、下記事務局アドレスまでお問い合わせください。
「エコガラスレター」に対するご意見、ご感想、ご要望がありましたらお気軽にメールでお寄せください。
板硝子協会エコガラス事務局 magazine@ecoglass.jp

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.