エコガラスレター VOL.30

年々深刻化する地球の温暖化。国別の二酸化炭素排出割合第4位の日本に暮らすわたしたちが、各家庭で行う取り組みの重要性も、ますます高まっています。

わたしたちの暮らしを包む窓ガラス。その窓ガラスをエコガラスに換えるだけで、住宅1軒あたり25本のぶなの木を植樹したのと同じCO2削減効果が期待できます。エコガラスは窓からの熱の出入りを防ぎ、少ないエネルギーで室内を快適に保つことができるからなのです。

板硝子協会は、エコガラスが1軒でも多くのご家庭で使われることによって、地球の未来を守ることができたらと願っています。

<エコガラス メルマガ 窓ガラスで守る地球の未来>は、 エコガラスホームページの情報を毎月皆様にお届けします。

既存住宅の省エネ改修(リフォーム)促進税制について

既存住宅の省エネ改修(リフォーム)促進税制について、申請手続きなどの詳細な情報が国税庁のサイトに掲載されています。

詳しくは、下のリンク先(国税庁サイト)をご覧ください。

省エネ改修工事をした場合(特定増改築等住宅借入金等特別控除)続きはこちらから
住宅借入金等特別控除及び特定増改築等住宅借入金等特別控除の対象となる住宅ローン等続きはこちらから
次世代省エネルギー基準の改正について

1月30日付官報 号外17号に次世代省エネルギー基準の改正の告示が掲載されました。施行日は4月1日です。

告示の詳細は、下の「1月30日付 官報 号外17号(PDF)」をご覧ください。

リビングデザインセンターOZONEでエコガラスが体感できます
2月19日(木)から3月10日(火)まで、 リビングデザインセンターOZONE(東京・新宿パークタワー3F OZONEプラザ)で開催されるイベント「Eco reform展」 (協力:板硝子協会)でエコガラスが体感できます。
住宅の窓、床、壁、屋根などの住宅改修工法と それぞれの断熱・遮熱素材を展示しています。入場は無料。 ぜひお立ち寄りください。
詳細はこちらから
ウェブマガジン「きれいエコな暮らし」3月号のご案内
こだわりと「きれい」が生む幸せな暮らしのヒント満載、
ウェブマガジン「きれいエコな暮らし」3月号について、
少しずつ紹介します。

|ようこそ、我が家へ
  採光や西日対策、それに汚れにくさなど、
  心配りの行き届いた大きなガラスが印象的。
  スタイリッシュな都会の住宅の登場です。
|実ログ マイホームへの道

  土地選びはこう着状態に・・・。
  希望の条件と売り主の都合、そして価格がマッチする土地は
  見つかるのでしょうか?
|一生使いたい、わたしの定番。
  ガラスの美しさに癒され、水の変化に地球の営みを感じる、
  神秘的なガラスのオブジェを紹介します。
|本日、おそうじ日和
  今月は、アメリカで古くから伝わる虫よけ法をご紹介。
  ほのかな香りの木くずで、服にも環境にもやさしく防虫しましょう。

耳寄りエコマメ情報
- 流行のレイヤードはエコ・スタイル -
若者の間で定番になりつつある「レイヤード」。
聞き覚えのない人も、「重ね着」と言われればピンとくるはず。
インナーをあえて見せたり、色や素材の組み合わせ方が様々だったり、重ね着も進化していますよね。

ご存じのとおり、重ね着はオーソドックスな防寒法。
カーディガンを1枚はおると約2.2℃、ひざ掛けをかけると約2.5℃体感温度が上がるそうです。
ただし、厚手のものばかり重ねてしまうと“着ぶくれ”に・・・。
防寒に優れた機能性下着や、素材違いの服を重ねる若者の手法を取り入れると、見た目もスッキリします。

まだ寒さの残るこの季節、“今風な”レイヤードスタイルでエコに過ごしてみてはいかがでしょう?
今月のプレゼント
「きれいエコな暮らし」の【一生使いたい、わたしの定番。】と【本日、おそうじ日和】で紹介している商品をプレゼントします!

【一生使いたい、わたしの定番。】
ガラスの雲/Yumiko Yoshimoto作(1名様)

【本日、おそうじ日和】
イースタン・レッド・シダー・チップ(1名様)

編集後記
関東地方では春一番が吹き、花粉の飛散も激しくなってきました。
“三寒四温”の言葉どおり、気温の変化も激しく、体調を崩しやすい季節です。
街では、マスク姿の人が目立ちますが、花粉症か風邪でしょうか、それとも予防のためでしょうか。
今年度も残りわずかです。健康には十分気をつけて、がんばりましょう。
テキスト版をご希望の方、配信停止をご希望の方は下記事務局アドレスよりご連絡ください。
「エコガラスレター」に掲載されている
全ての記事、文章等の無断転載を禁止します。
情報の転載を希望する場合は、下記事務局アドレスまでお問い合わせください。
「エコガラスレター」に対するご意見、ご感想、ご要望がありましたらお気軽にメールでお寄せください。
板硝子協会エコガラス事務局 magazine@ecoglass.jp

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.