エコガラスレター VOL.27

年々深刻化する地球の温暖化。国別の二酸化炭素排出割合第4位の日本に暮らすわたしたちが、各家庭で行う取り組みの重要性も、ますます高まっています。

わたしたちの暮らしを包む窓ガラス。その窓ガラスをエコガラスに換えるだけで、住宅1軒あたり25本のぶなの木を植樹したのと同じCO2削減効果が期待できます。エコガラスは窓からの熱の出入りを防ぎ、少ないエネルギーで室内を快適に保つことができるからなのです。

板硝子協会は、エコガラスが1軒でも多くのご家庭で使われることによって、地球の未来を守ることができたらと願っています。

<エコガラス メルマガ 窓ガラスで守る地球の未来>は、 エコガラスホームページの情報を毎月皆様にお届けします。

【NEDO補助金】補正予算の成立に伴う追加公募「住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業」(住宅に係るもの)の公募期間について

本年度の補正予算の成立を受けて、NEDO「住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業」 (住宅に係るもの)の公募期間が次のとおり発表されました。

公募期間:平成20年11月13日(木)から12月12日(金)

この補助金制度を活用して、エコガラスによる窓回りの改修を計画してみませんか。
実際の申請に際しては、板硝子協会会員各社がお手伝いします。

詳細はこちらから
エコガラスの性能を体感できるチャンスです!
エコガラスの優れた性能を実感していただける 「エコガラス体感ツール」を以下のイベントに出展します。
この機会に、快適さと省エネを両立するエコガラスの性能を ぜひ体感してみてください。
■12月11日(木)~13日(土)
エコプロダクツ2008(東京都)
会場:東京ビッグサイト 東展示棟
出展するツール:移動体感車「ガラスの森」
詳細はこちらから
■12月13日(土)、14日(日)
京都環境フェスティバル2008(京都)
会場:京都府総合見本市会館(パルスプラザ)
出展するツール:エコっ手・エコボール展示ユニット詳細はこちらから
ウェブマガジン「きれいエコな暮らし」12月号のご案内
こだわりと「きれい」が生む幸せな暮らしのヒント満載、ウェブマガジン「きれいエコな暮らし」12月号について、少しずつ紹介します。

|ようこそ、我が家へ
  トップライトの有効活用で、明るさと開放感、
  そしてスタイリッシュな空間を実現したお宅を紹介します。
|実ログ マイホームへの道

  「ようこそ、我が家へ」のライターがつづる、
  マイホーム実現までの道のり。
  待ちに待った土地の決定まであと一歩のところで・・・
  難しい決断を迫られています。
|しあわせセラピー
  今月は、脳内物質セロトニンに詳しい
  東邦大学医学部有田教授へのインタビュー。
  日々実践している運動などについて紹介します。
|インテリア雑貨カタログ
  ランドリーバスケットとして、ストックバッグとして、そしてもちろんバケツとして。
  柔軟性が特徴のカラフル・バケツの登場です。
|本日、おそうじ日和
  大掃除シーズンの到来にあわせて、環境負荷の小さいエコなバスルーム用洗剤をご紹介。
  油汚れにも対応できる優れものです。

今月のトップページ
いよいよ冬寒の到来を感じるこの季節、 窓から見える風景も雪景色に変わりました。
実は、窓辺に座るペンギンの置物は紙製なのですが、 エコガラスは結露防止にも高い効果を発揮するため、 湿ってしまう心配はないのです!
今月も、トップページから関連コンテンツをぜひご覧ください。
今月のプレゼント
「きれいエコな暮らし」の【インテリア雑貨カタログ】と 【本日、おそうじ日和】で紹介している商品をプレゼントします!

【インテリア雑貨カタログ】
Faulks&Company/タブトラッグス Mサイズ(3名様)

【本日、おそうじ日和】
ソネット/ナチュラルバスルームスプレー(1名様)
編集後記
雪の便りも聞かれるようになり、冬らしい天気の日が多くなってきました。みなさま、風邪などお召しにならないよう、お気を付けください。
さて、冬の嫌な風物詩といえば、「窓ガラスの結露」。窓ガラスの結露は、カビの増殖の原因になるともいわれています。
結露の発生を抑える「エコガラス」で、この嫌な風物詩を過去のものにしたいですね。
テキスト版をご希望の方、配信停止をご希望の方は下記事務局アドレスよりご連絡ください。
「エコガラスレター」に掲載されている
全ての記事、文章等の無断転載を禁止します。
情報の転載を希望する場合は、下記事務局アドレスまでお問い合わせください。
「エコガラスレター」に対するご意見、ご感想、ご要望がありましたらお気軽にメールでお寄せください。
板硝子協会エコガラス事務局 magazine@ecoglass.jp

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.